保育園看護師か認定看護師か?そのメリットとデメリット

医療の専門分野での看護経験と技術を磨くことによって認定看護師になる ことができます。貴重な時間を費やし、知識を深める努力をしなければ 取得出来ないのが認定看護師資格です。

ここでは、認定看護師資格を持つ看護師のメリットとデメリットを解説しましょう。

はじめはメリットの方から考えてみましょう。 まずは収入面ですが、これは勤務をしている場所によって違います。 一般看護師よりも資格手当がついて給与が割増になるケースもあるでしょう。

けれども、勤務をしている医療機関が認定看護師を必要としていなければ 一般の看護師とほとんど変わらない給料の場合があります。ですから勤務先 によってはメリットと感じていない認定看護師の皆様もいると思います。

看護師を目指す人達は、給料が高いことだけを考えていることでもないと思います。 看護師としてのやりがいとか、キャリアをアップさせたいと思っている人もいるのです。 医療機関によっては、認定看護師を病院内での重要なポジションを任させるケース もあります。職位が上がる事も、ひとつのメリットではないでしょうか?

けれども、こういったことは全部の医療機関に共通していません。 医療機関によってかなり温度差があるのが現実です。認定看護師である メリットがほとんど感じられないところもあり、そういった境遇にある 看護師は転職を考えるのです。

次に認定看護師になるデメリットを考えてみましょう。 専門的知識やスキルを取得できる認定看護師にデメリットなんてないと 思う人達が大半だと思います。

けれども、認定看護師になり給与がダウンしてしまった事例があるのです。 認定看護師の手当が支給されているにもかかわらずです。 理由は、認定看護師手当が出されることによって、これまでの病棟手当や 夜勤手当がつかなくなってしまうからです。

こういった収入面での誤算は、看護業務へのモチベーションがダウンして しまいますよね。

以上のように認定看護師にはメリットとデメリットがあるのです。

けれども認定看護師として看護業務のスキルを磨いて、給与面・待遇面で 納得出来る勤務先で仕事ができれば、認定看護師になることはメリットが 大きいと思います。

今の職場で満足できない認定看護師は、適材適所の職場を探すべきです。

メニュー

ページの先頭へ