夜勤専従看護師とどっちが得?認定看護師の説明と年収

認定看護師は、看護師資格の中でもワンランク上になり、専門的な知識や技術を
持っています。だから、どこの医療機関からも必要とされています。
転職マーケットの中では売り手市場になるのです。

ここでは、認定看護師の説明と年収について説明を致します。

まずは認定看護師の説明をいたします。認定看護師は、専門的知識が要求
されてそれなりの役割があります。看護師としての専門的なノウハウや
スキルのみならず、看護師としてのプロフェッショナルな経験も要求されます。

認定看護師の資格を取得するのには、まず5年以上の実務経験が必要とされます。
そして、6か月間の認定看護師教育課程の修了後、認定審査試験に合格すること
によって認定看護師が誕生するのです。

では看護師の給料・年収について説明しましょう。どの病院で仕事をしているか
によって認定看護師の給料は異なります。認定看護師のニーズがある病院では、
認定看護師の資格があれば、それに応じた給料をだします。

しかしながら、認定看護師のニーズがない病院ならば、普通の看護師とほとんど
差がない給料になるのです。

一般的に認定看護師の平均年収は、350~550万円程度になっています。
認定看護師のニーズがある医療機関ならば、一般看護師よりも専門的知識やスキル
を持っているので、看護師としての責任も役割も高いので当然、年収も多くなります。

けれども認定看護師の給料が一般の看護師よりも高いかどうかは、勤める医療機関に
よってもかなり差があるようなのです。予め確認をしておく必要がありそうです。

一般的に看護職の給料水準は、他業種に比較して初任給は高くなっています。
けれどもその後は給料が上がりにくいのが特徴的なのです。
ですから、認定看護師を望んでいる医療機関で勤めている場合は、認定看護師
を資格をとることによって、収入のアップが期待出来るのです。

現実は、認定看護師の手当額や資格に対してのとらえ方もまちまちであり
統一的な見解がでていないのです。だからどの医療機関で勤務をするかによって、
給料面のみならず仕事のモチベーションといういう意味でも異なってきます。

一生懸命努力をして獲得した認定看護師の資格なのです。仕事の待遇や充実
した看護業務に活用するためには、認定看護師の資格をキチンと評価してくれる
勤務先で仕事をすることなのです。

メニュー

ページの先頭へ