転職に採用されやすい30代看護師の特徴

30歳代で転職をしようとする場合に<それなりの看護経験がある人>や <やる気のある人>や<コミュニケーション能力に優れた人>だというのが 一般的です。

6年以上の経験があれば当然即戦力が期待されて病院からも重宝され 採用されやすくなるのです。

ここでは、転職する際に採用されやすい30歳代の看護師の特徴を 具体的にまとめておきましょう。

<どんな診療科目で、どういったことをしてきたか>を整理して
自己PRすることが大切です。

私の転職経験から話しますが経験のない診療科目への思い切った転職も 30歳代なら可能だと思います。診療科目よりも臨床経験そのものが評価され ますから「30歳代ならば新しい分野にもチャレンジできる年代だ」と 評価されるでしょう。

私の友達が不採用になったケースをお話ししましょう。 彼女は<耳鼻科外来で10年の経験>がありました。

総合病院への転職を希望していたのですが、採用されなかった理由は <特殊すぎる>ということでした。こういった極端な場合は、転職先を 選ぶ場合も耳鼻科を探した方が自分の経験を生かせるでしょう。

30歳代の看護師でも採用されない場合をまとめておきましょう。 <雰囲気が暗いイメージの人>や<コミュニケーションが取りにくい タイプの人>です。パート看護師でも、話やすい雰囲気の方が採用されやすい 傾向にあります。

経験値が大きなメリットであるのですが、30歳代は個性が固まる年代です。 この年代になっては、その醸し出す雰囲気が変わることはないですから、 どうしても暗い人は敬遠されます。

30歳代は新人に近い20歳代と経験豊富な40歳代の中間のポジションです。 両方の世代の看護師からも話しかけにくい雰囲気をもっていたら間違い なく採用されません。

逆に多少ブランクがあっても経験値が少なくても明るい人は採用側も 安心して採用します。

以上、転職する際に採用されやすい30歳代の看護師の特徴をまとめて おきました。誠実な受け答え・適度な笑顔・キチンと話を聞く姿勢 ――そういった雰囲気をアピールすると採用されやすくなります。

メニュー

ページの先頭へ